Jovian-Cinephile1002’s blog

古今東西の映画のレビューを、備忘録も兼ねて、徒然なるままに行っていきます

サム・ロックウェル

『 ジョジョ・ラビット 』 -戦争と差別の愚かしさをユーモラスに批判する-

ジョジョ・ラビット 75点2020年1月20日 東宝シネマズ梅田にて鑑賞出演:ローマン・グリフィン・デイビス トマシン・マッケンジー スカーレット・ジョハンソン サム・ロックウェル監督:タイカ・ワイティティ 正直なところ、トレイラーを観る限りは面白そ…

『 リチャード・ジュエル 』 -権力は暴走する-

リチャード・ジュエル 70点2020年1月18日 MOVIXあまがさきにて鑑賞出演:ポール・ウォルター・ハウザー サム・ロックウェル監督:クリント・イーストウッド 『 ザ・レポート 』や『 スノーデン 』で描かれていたように、巨大な力を持つ組織というのは、暴…

『 バイス 』 -権能委任の恐ろしさを描く伝記物語-

バイス 70点2019年4月21日 東宝シネマズ梅田にて鑑賞出演:クリスチャン・ベール エイミー・アダムス スティーブ・カレル サム・ロックウェル監督:アダム・マッケイ タイトルのバイス=Viceは、Vice President=副大統領の副であり、悪徳の意味でもあるは…

『 アラサー女子の恋愛事情 』 -邦題をつけた担当者に天誅を-

アラサー女子の恋愛事情 45点2018年10月25日 レンタルDVDにて鑑賞出演:キーラ・ナイトレイ クロエ・グレース・モレッツ サム・ロックウェル監督:リン・シェルトン 原題は ”Laggies” である。監督のリン・シェルトンは当初は本作の舞台をオレンジ・カウン…

『バッド・バディ!私とカレの暗殺デート』 -笑えないコメディ映画-

バッド・バディ!私とカレの暗殺デート 40点 2018年9月4日 レンタルDVD観賞 出演:サム・ロックウェル アナ・ケンドリック ティム・ロス 監督:パコ・カベサス 原題は”Mr. Right”、すなわち“正しい男”の意である。マーサ(アナ・ケンドリック)が自宅で待…

『プールサイド・デイズ』 -少年に向き合う大人の男-

プールサイド・デイズ 65点 2016年にWOWOWで録画観賞 出演:スティーブ・カレル トニ・コレット リーアム・ジェームス サム・ロックウェル 監督:ナット・ファクソン ジム・ラッシュ 初っ端からスティーブ・カレルに左フックを一発喰らったような気分…

『月に囚われた男』 -月という二面性の表象-

月に囚われた男 65点 2018年3月10日 レンタルDVDにて観賞 出演:サム・ロックウェル ケビン・スペイシー 監督:ダンカン・ジョーンズ この5年だけでも、人類の月に関する知識やイメージはどんどんと再構成されていっている。月の空洞、月の発光現象、…

スリー・ビルボード ー予想外の展開と胸を打つエンディングー

スリー・ビルボード 85点 2018年2月3日 東宝シネマズ梅田にて観賞 出演:フランシス・マクドーマンド ウッディ・ハレルソン サム・ロックウェル ルーカス・ヘッジズ 監督:マーティン・マクドナー 妻と一緒にこの映画を劇場で観たのだが、すでに結婚してい…