Jovian-Cinephile1002’s blog

古今東西の映画のレビューを、備忘録も兼ねて、徒然なるままに行っていきます

歴史

『 ムーラン(1998) 』 -異色のディズニー・プリンセス-

ムーラン(1998) 75点2021年5月1日 レンタルBlu-rayにて鑑賞出演:ミンナ・ウェン エディ・マーフィー監督:トニー・バンクロフト バリー・クック 違う『 ムーラン 』を観てしまったので、本家のムーランを借りてきた。劇場公開時にはそれほど強い感銘は…

『 アウトポスト 』 -戦争の最前線の現実-

アウトポスト 70点2021年3月14日 MOVIXあまがさきにて鑑賞出演:スコット・イーストウッド ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ オーランド・ブルーム監督:ロッド・ルーリー 米トランプ政権で唯一の肯定的評価と言えば、アフガニスタンとイラクからの米兵の…

『 スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち 』 -究極の裏方たち-

スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち 70点2021年1月10日 大阪ステーションシティシネマにて鑑賞出演:ミシェル・ロドリゲス監督:エイプリル・ライト CG全盛、モーション・キャプチャー全盛の時代とはいえ、誰かがそのアクションを行って…

『 ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画 』 -Rise up against all odds-

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画 80点2021年1月9日 MOVIXあまがさきにて鑑賞出演:アクシャイ・クマール ビディヤ・バラン シャルマン・ジョーシー監督:ジャガン・シャクティ 昨年2019年夏ごろにNHKの『 地球ドラマチック 』でイン…

『 AWAKE 』 -もっと綿密な取材を-

AWAKE 50点2020年12月29日 梅田ブルク7にて鑑賞出演:吉沢亮 若葉達也 落合モトキ 寛一郎監督:山田篤宏 Jovianの映画以外の趣味として、ボクシング観戦、テニス、そして将棋がある。実際に2015年の電王戦も、それをさらにさかのぼる渡辺明 vs ボナンザ戦…

『 シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい! 』 -軽妙洒脱なフレンチ・コメディ-

シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい! 75点2020年11月14日 テアトル梅田にて鑑賞出演:トマ・ソリベレ監督:アレクシス・ミシャリク 『 シラノ恋愛操作団 』という佳作があったが、戯曲『 シラノ・ド・ベルジュラック 』はいつの時代、どの地域でも、男…

『 ジーザス・クライスト・スーパースター 』 -賛否両論を呼んだ革新的ミュージカル-

ジーザス・クライスト・スーパースター 80点2020年11月4日 Amazon Prime Videoにて鑑賞出演:テッド・二―リー カール・アンダーソン監督:ノーマン・ジュイソン 嫁がHuluで『 イエス・キリストの生涯 』に偉く感じ入っていた。曰はく、『 世界ふしぎ発見!…

『 シカゴ7裁判 』 -年間最優秀海外映画候補の最右翼-

シカゴ7裁判 85点2020年10月21日 テアトル梅田にて鑑賞出演:エディ・レッドメイン サシャ・バロン・コーエン ジョセフ・ゴードン=レヴィット監督:アーロン・ソーキン 同僚のカナダ人とイングランド人が絶賛していた本作。“You must watch it.”と言われ…

『 ジェイン・オースティン 秘められた恋 』 -社会的属性から偏見を取り除くべし-

ジェイン・オースティン 秘められた恋 70点2020年9月5日 レンタルDVDにて鑑賞出演:アン・ハサウェイ ジェームズ・マカヴォイ監督:ジュリアン・ジャロルド 商業柄、TOEFL iBTという英語の資格検定を教えることがある。そこで、出てくることがあるのがJane…

『 オフィシャル・シークレット 』 -公と私の関係性を鋭く問う-

オフィシャル・シークレット 70点2020年8月28日 大阪ステーションシティシネマにて鑑賞出演:キーラ・ナイトレイ レイフ・ファインズ マット・スミス監督:ギャビン・フッド 原題は“Official Secrets”、本編中では「公務秘密」と訳されている。公文書の改…

『 海辺の映画館 キネマの玉手箱 』 -観客、傍観者になることなかれ-

海辺の映画館 キネマの玉手箱 70点2020年8月18日 大阪ステーションシティシネマにて鑑賞出演:厚木拓郎 細山田隆人 細田善彦 吉田玲監督:大林宣彦 大林監督と言えば、赤川次郎の小説の映画化、そして『 ねらわれた学園 』(てやんでい、という表現は本作…

『 もののけ姫 』 -日本アニメ映画の最高峰の一角-

もののけ姫 90点2020年7月25日 大阪ステーションシティシネマにて鑑賞出演:松田洋治 石田ゆり子監督:宮崎駿 確か高3の夏に最初はメルパルク岡山で観た。その後、神戸の駿台予備校に通いながら、神戸国際会館で5回ぐらい観たと記憶している。それぐらいの…

『 ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語 』 -若草物語の再解釈-

ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語 70点2020年6月14日 大阪ステーションシティシネマにて鑑賞出演:シアーシャ・ローナン エマ・ワトソン フローレンス・ピュー ティモシー・シャラメ監督:グレタ・ガーウィグ Jovianと同世代(不惑)か、そ…

『 ハリエット 』 -英傑を神格化しすぎたか-

ハリエット 65点2020年6月6日 大阪ステーションシティシネマにて鑑賞出演:シンシア・エリヴォ ジャネール・モネイ監督:ケイシー・レモンズ これまでにも『 グリーンブック 』や『 アメリア 永遠の翼 』、『 2019年総括と2020年展望 』など、当ブログでも…

『 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 』 -歴史を総括せよ-

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 60点2020年3月29日 MOVIXあまがさきにて鑑賞出演:三島由紀夫監督:豊島圭介 悪質タックル問題からまんまと逃げきった感のある日大の田中理事長だが、このオッサンが学内で権力を掌握する過程の発端は日大全共闘にま…

『 ジュディ 虹のかなたに 』 -愛は虚妄ではない-

ジュディ 虹のかなたに 75点2020年3月7日 MOVIXあまがさきにて鑑賞出演:レニー・ゼルウィガー ジェシー・バックリー フィン・ウィットロック監督:ルパート・グールド 『 オズの魔法使 』は『 スター・ウォーズ 』と並んで、Jovianにとってオールタイム・…

『 スウィング・キッズ 』 -Your memory never fades away-

スウィング・キッズ 80点2020年2月22日 シネ・リーブル梅田にて鑑賞出演:D・O ジャレッド・グライムス監督:カン・ヒョンチョル シネ・リーブル梅田ではたびたび予告編が流れていて、気になっていた作品。タップダンスは兵庫県立芸術文化センターで一度、…

『 1917 命をかけた伝令 』 -アカデミー賞級の傑作-

1917 命をかけた伝令 80点2020年2月20日 MOVIXあまがさきにて鑑賞出演:ジョージ・マッケイ ディーン=チャールズ・チャップマン監督:サム・メンデス アカデミー賞レースでは惜しくも『 パラサイト 半地下の家族 』に敗れたが、芸術性や社会性ではなく娯…

『 イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり 』 -やや演出過多か-

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり 65点2020年2月1日 シネマート心斎橋にて鑑賞出演:フェリシティ・ジョーンズ エディ・レッドメイン ヒメーシュ・パテル監督:トム・ハーパー 原題は“The Aeronauts”、飛行士であるが、aviator=アビエイタ…

『 フォードvsフェラーリ 』 -戦友と共に戦い抜くヒューマンドラマ-

フォードvsフェラーリ 75点2020年1月11日 MOVIXあまがさきにて鑑賞出演:マット・デイモン クリスチャン・ベール監督:ジェームズ・マンゴールド タイトルはやや misleading である。アメ車のフォードとイタ車のフェラーリの戦いというよりは、フォード社…

『 2人のローマ教皇 』 -アカデミー賞助演男優賞決定-

2人のローマ教皇 85点2020年1月4日 シネマート心斎橋にて鑑賞出演:ジョナサン・プライス アンソニー・ホプキンス監督:フェルナンド・メイレレス アカデミー賞助演男優賞はアンソニー・ホプキンスで決まりである。主演のジョナサン・プライスは回想シーン…

『 KESARI ケサリ 21人の勇者たち 』 -トンデモ史実のトンデモ映像化-

KESARI ケサリ 21人の勇者たち 65点2019年12月14日 レンタルDVDにて鑑賞出演:アクシャイ・クマール監督:アヌラーグ・シン インド映画を鑑賞する時、たまには頭を空っぽにして『 バーフバリ 』のようなアクションを楽しんでみたいと思う。なので近所のTSU…

『 アイリッシュマン 』 -M・スコセッシの心の原風景-

アイリッシュマン 65点2019年12月1日 塚口サンサン劇場にて鑑賞出演:ロバート・デ・ニーロ アル・パチーノ ジョー・ペシ監督:マーティン・スコセッシ 『 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 』がQ・タランティーノの心の原風景を映画化したも…

『 ファースト・マン 』 -宇宙飛行士を生還させた家族の絆-

ファースト・マン 60点2019年11月26日 レンタルDVDにて鑑賞出演:ライアン・ゴスリング クレア・フォイ ジェイソン・クラーク カイル・チャンドラー監督:デイミアン・チャゼル かんとk 劇場鑑賞しようと思い、できなかった作品は毎年いくつもある。本作…